きたそらち農業協同組合ホームページへようこそ

営農情報/畜産物の産地だより


畜産物 2019/06/07

●肉牛市場で約260頭の素牛が上場!

6月5日、ホクレン南北海道家畜市場(安平町)にて肉牛市場が開催されました。
この日は主に生後約8カ月から10ヶ月の交雑種(母ホルスタイン×父和牛)と黒毛和種の素牛(=もとうし、肉用肥育牛や繁殖牛になるべく育成される前の子牛のこと)が合わせて約1,500頭上場され、当JAからも交雑素牛が約200頭、黒毛和種素牛が約60頭上場しました。

畜産物 2019/05/15

●初生牛を取り使う一般市場が開催

新元号、『令和』のスタートとなった5月1日、「ホクレン中央地域家畜市場」(鷹栖町)にて、主に初生牛(生後2か月までの子牛)を取り扱う一般市場が開催されました。
ここでは毎週水曜日に空知、上川管内の酪農家で生産された子牛の販売が行われており、ホルスタイン種、交雑種、黒毛和種の子牛が毎週約200頭、取り引きされています。
この日は当JAからも上記3品種の子牛が上場されました。
ここで取り引きされた子牛は、全道はもとより全国各地の牧場でその地域のブランド牛になるべく肥育されていきます。